読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるり、日本酒を♪

20代後半から日本酒に目覚めた40代おひとりさまが、大好きな日本酒を熱く紹介しますっ♪

【京都】英勲・井筒屋伊兵衛 純米大吟醸~フルーティーでうまし♪吟醸好きにはたまりません(^^)

京都 純米大吟醸 フルーティー ★5

英勲・井筒屋伊兵衛 純米大吟醸

f:id:fuwary:20170318184340j:plain


いとこのお兄ちゃんからのサプライズでもらいました。うるうる(;_;)嬉しすぎる。
私が前に英勲が好きだと言っていたのを覚えていてくれたそうです。
そうだ!利き猪口に入れたら色がわかりやすいかも♪と、以前、山形の蔵元「東光」で購入した蛇の目模様のお猪口に入れてみました。
色味はやや黄味がかっていて、少しとろみがあるように見えます。

f:id:fuwary:20170318184727j:plain

で、さっそく一口飲むと、フルーティーな香りと控えめな甘みがふわ~~んと口に広がり、それはもう美味しいのなんのって!!!もちろん後味もスッキリ☆
あぁ、こんな味だったなぁ。。と、一気に幸せになりました(*^-^*)
おつまみいらず、ただこれだけゆっくり味わうだけで十分の美味しさです☆普段、お猪口4杯くらいにしていますが、こればかりは早くなくなってしまいそうです(^^)

この箱を見た瞬間、心臓がバクバクしました(^^)まさか飲めるなんて!!

f:id:fuwary:20170318185039j:plain

お酒の説明が書かれています。
酒造好適米「祝」京都府亀岡地方にて収穫された酒造米で、その性状は「山田錦」と同様に心白発現良好で酒造米の中でも特に優良な米です。
昭和30年代では伏見での酒造米の内「祝」が一番使用量が多かったものの「祝」は収量が少ないため以後段々と栽培量が減少し、昭和50年代には全く栽培されなくなりました。

昭和62年に京都の米で京都の酒を造ろうとする機運が高まり、京都府の強力な援助のもと、酒造米の増産に努力することになりました。

そこで特に優秀な酒造米であったにも拘わらず作りづらく収穫の少ない為、幻の米となった「祝」を復活させることになり公的機関に保存されていた種子を京都府農業総合研究所で復活栽培され、平成2年に当社にて試醸を行い以後毎年続けて醸造致しております。まさに幻の酒造好適米「祝」を復活させると共にここに純米大吟醸として誕生させ、その名も斉藤家代々の屋号により「井筒屋伊兵衛」と名付けました。

研ぎ澄まされ、ひたすら旨い酒を追い求め続けいま酒造りの頂点たる吟醸酒の逸品を極めた酒です。

f:id:fuwary:20170318185117j:plain

美味しい日本酒って、ラベルもかっこいいんですよね~♪
普段は、こういう口がやや広がったガラスの酒器で飲むことが多いです(^^)
その方が、なんとなく口の辺りに近づけた時に香りがふわっと広がる気がして☆

f:id:fuwary:20170318185211j:plain

f:id:fuwary:20170318185301j:plain

f:id:fuwary:20170318185332j:plain

英勲・井筒屋伊兵衛 純米大吟醸

好き度:★★★★★(満点)
酒蔵:齊藤酒造株式会社
   京都市伏見区横大路三栖山城屋敷町105番地
酒種:純米大吟醸
原料米:京都府産 祝100%
精米歩合:40%
アルコール度数:15度
日本酒度:+3.0
酸度:1.3
製造年月:2017年1月
価格:3,240円(税込)/720ml
購入:京都のどこか(いとこからのプレゼント)
おいしい飲み方:冷やして・常温

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代おひとりさまへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村