ゆるり、日本酒を♪

20代後半から日本酒に目覚めた40代おひとりさまが、大好きな日本酒を熱く紹介しますっ♪

【酒蔵めぐり】府中誉株式会社を訪ねて♪ 酒蔵めぐりデビュー(^o^)/ 

念願の酒蔵めぐりデビューは、今から10年前の2007年2月25日でした☆
どの酒蔵にするかメンバーで検討した結果、日帰りで行ける距離&いつものお店で飲んでいてみんなが好きな銘柄「渡舟」「太平海」をつくっている茨城県石岡市の府中誉株式会社に行くことにしました♪(事前予約済み)

当日は上野から石岡まで「フレッシュひたち」で移動。初めて乗る特急に否が応でも気持ちが盛り上がる~(^o^)♪

f:id:fuwary:20170317230333j:plain

10時半前に到着!!上野から1時間ちょっとという近さ☆

f:id:fuwary:20170317232554j:plain

石岡駅から酒蔵までてくてく歩いていく途中で、酒屋さんの看板に「渡舟」の文字を見つけ、みんなで「おぉ!書いてある書いてある♪来たんだねぇ~!!もうすぐだね♪」とまた盛り上がる(^^)

f:id:fuwary:20170317232744j:plain

町のあちこちの家に、通りから見えるようにお雛様が飾られていて、ほっこり♪

f:id:fuwary:20170317232911j:plain

そしてそして、10時43分に到着~(^o^)/ どど~ん!立派な門構えですねぇ。

f:id:fuwary:20170317233040j:plain

ドキドキして足を踏み入れると、専務とずらりと並んだ日本酒の瓶が迎えてくれました♪素晴らしい眺めだぁ~(^o^)

f:id:fuwary:20170317233259j:plain

麹蓋なんてものもあったり。

f:id:fuwary:20170317233415j:plain

山内専務直々に、ふだん食べているお米とお酒をつくる際に使う酒米が違うことや、一度途絶えてしまったけれども苦労して復活させた貴重な酒米「渡船」の説明を聞き、こうして飲めるようになったことをありがたく思うのでした。

f:id:fuwary:20170317235446j:plain

f:id:fuwary:20170317235335j:plain

蔵の中を案内していただきました。この大きなのは精米機です。削ってすぐはお米が熱くなってしまうそうです。

f:id:fuwary:20170317235645j:plain

ぱらぱらと次から次へと精米されていきます♪

f:id:fuwary:20170317235840j:plain

そして、こちらが糠。まっしろ~!!美しい♪

f:id:fuwary:20170317235936j:plain

この「甑(こしき)」で、酒米を蒸すんですって☆大きい!!

f:id:fuwary:20170318000126j:plain

酒母とか、醪(もろみ)とか、初めて聞くことばがたくさん出てきて頭の中は??でいっぱいでした(^^;

f:id:fuwary:20170318002655j:plain

f:id:fuwary:20170318002713j:plain

f:id:fuwary:20170318002742j:plain

f:id:fuwary:20170318002801j:plain

f:id:fuwary:20170318002822j:plain

仕込み用タンク。小さな蔵なのでたくさんはつくれないんですよとのことでした。
ということは、希少価値が高いということでもありますよね☆

f:id:fuwary:20170318001547j:plain

1番お酒つくりに詳しい友達が、「わぁ♪吟醸香がする~(^o^)」と喜んでいたのを覚えています。
「そうか、これが吟醸香なのね☆」
と、私は初めての経験を楽しみ、かみしめて、鼻をくんくんさせておりました。(今はわかります♪幸せになれるとてもいい香りなんだなぁ~。)

f:id:fuwary:20170318003046j:plain

f:id:fuwary:20170318002851j:plain

奥が深い!深すぎ~☆1度じゃなかなかわからないですね(^^;当たり前か。

そうして、見学が終了したのが13時。酒蔵見学というものは1時間くらいで終わるのだろうなぁと思っていた私たちは、お昼ご飯にお蕎麦を食べる予定でおり、すでにお腹がぐぅぐぅでした。

さて帰ろうかな?と思ったら、なんと!!数日前に詰めたという渡舟などをいただけるとのこと!!こんなに嬉しくありがたい機会はありません。ぜひお願いします(*^-^*)
お漬物まで出していただき、それをつまみながら、専務のお話しを聴くことができました。
f:id:fuwary:20170318003542j:plain

f:id:fuwary:20170318003633j:plain

一度で理解できないくらい日本酒が出来るまでの工程はとても多く複雑で、愛情と手間暇をかけてようやく形になるのですね。

形にすればいいものではなく、毎年同じ味を出すことのむずかしさもあると。まずお米の出来も年によって違うことから始まり、温度管理、酵母、麹etc..いろんなことがちょっと違うだけで、味がかわってしまう繊細な飲み物。それが日本酒だったとは!!

渡船復活の話もそうですが、地域で協力しかけあい、昔からの文化を大切に守り続けることの大切さ、大変さを感じつつも、府中誉さんは小さな蔵なので少人数で力を合わせて頑張っているのだそうです。

ちょうど焼酎ブームだったこの頃、世界に誇れるお酒、文化が日本酒であるにも関わらず、いいお酒をつくっても、知られない、飲まれない、そうして年々、廃業に追い込まれていく蔵元が増えているとのことを知り、とても悲しくなりました。日本酒業界は、みな危機感を持っていると。
「こんなに美味しいのに、つぶれる蔵があるなんて(T_T)」
と、悲しいとともに悔しくなりました。

たかだか私が飲む量は知れているけれど、微力かもしれないけれど、飲めなくなるその日まで、日本酒を飲み続けて、日本酒業界の売上に貢献したい!と思いました。
そして、1人でも多くの人に日本酒の美味しさを知ってもらい、みんなが少しずつ飲めば、大切な日本酒文化が廃れなくてすむかもしれない☆


そう思ったら、稲妻が走りました。
「日本酒の素晴らしさをもっと広めたい!このまま廃らせてしまうようなことになってはもったいない!身近な人から少しずつでもいいから広めます!約束します!!」
と、約束して帰ってきました。

小娘4人を相手に、熱くたっぷり2時間もお話しを聴かせていただき、本当にありがとうございました。香り高くどっしりと旨味のある渡舟と、すいっと飲めてもっともっと飲みたくなる太平海をいただきながら脳内が日本酒でいっぱい、幸せいっぱいなひとときを過ごすことができました。


あれからはや10年が過ぎました。
約束通り、自称、日本酒伝道師として地道に日本酒の輪を広げています(^-^)また今度、山内専務(今は社長!)に会いに行こう。
今、どういう風になっているか聴きにいきたいな♪

---

府中誉株式会社(http://www.huchuhomare.com/)←リニューアル準備中だそうです。
〒315-0014 茨城県石岡市国府5丁目9番32号
[電話]0299-23-0233[ファクス]0299-23-0234
[E-Mail]kuramoto@huchuhomare.com
2015年3月から日曜定休 ※12月は日曜も営業

---

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村